日本印刷工業トップページ > 会社沿革

日本印刷工業株式会社 沿革

昭和18年11月 資本金15万円にて創立。お茶の包装材料の製造販売を目的とし、日本加工紙製袋株式会社と称する。
  25年5月 傍系会社日静印刷株式会社を吸収合併、印刷を始め、日本加工紙印刷株式会社と称する。
  38年2月 現在地に本社工場を建設。
  40年3月 製袋工場新築。
  40年6月

日本印刷工業株式会社と改称。

  57年9月 第一次各部門合理化の設備投資(印刷部)。
  58年10月 第二次各部門合理化の設備投資(製版部)。
  59年10月 静岡県島田市に製品倉庫新築。
  61年9月 第三次各部門合理化の機械整備投資(加工部)。
平成元年6月 合理化・省力化の機械設備投資(印刷・製袋)。
  2年9月 環境整備の設備投資。
  3年2月 水性ニスコーター付(UV兼用)5色印刷機の設置。
  4年8月 紙器サンプルシステムの設置。
  5年10月 製袋部門増設。
  6年2月 紙器、加工部門増設。
  6年4月 画像処理システム増設。
  8年2月 6色UV仕様印刷機(三菱)の設置。
  9年2月 紙粉除去装置を給紙部自動ノンストップ装置を取付け。
  14年10月 ISO9001認証取得
  18年1月 6色UV仕様印刷機(ハイデル)の設置。
  20年11月 印刷検査装置の設置。
  22年10月 マスターブランカーの設置。
  25年10月 断裁機2台更新
  26年4月 夢の工作室 新設。